農園主の「フェイジョアなんとかして」のひと言が、特産フルーツに! 農園主・武松さん

 神奈川県足柄上郡大井町の丘・相和地域で主に栽培されるフルーツ「フェイジョア」。
 今では大井町の特産フルーツとして話題となり、町内洋菓子店などでもフェイジョアスイーツを提供していますが、実は表舞台に立つまでに30年もの月日がかかってしまった幻の果実なのです。

 フェイジョアは、ミカン価格の大暴落があった1960年代後半に、代作を期待され、大井町の丘に多く植樹されました。
ですが、当時は人気が出ず、いつしか栽培に手をかける人も少なくなって、忘れ去られてしまったのです。

 再びフェイジョアに光が当たったのは2012年。ある農園主が雑談の中で「フェイジョア、何とかして」と発した言葉がきっかけとなり、町内のパティシエたちが工夫を凝らして美味しいスイーツを創りあげ、世間の脚光を浴びたのです。
フェイジョアの実
 フェイジョアスイーツを誕生させたパティシエやシェフ、ブーランジェらは、当初はフェイジョアの実も見たことがなく、もちろん味もわからない状態でした。

 果実がなってから、初めて実を食したパティシエたち。独特な味に、みんな「どうスイーツにしたらよいか」と悩みに悩み、時にはお互いで試食しあってアドバイスをし、フェイジョアスイーツづくりに没頭していきました。

 その結果、誕生したのが、「Ooi Sweets Selection」として発表されたスイーツ。今では、大井町内にフェイジョアのスイーツやパンは10品以上となりました。それぞれパティシエやブーランジェらのお店で販売されていますので、ぜひそちらにもお寄りください。


フェイジョアスイーツ

フェイジョア

4商品

  • < 前
  • 次 >
4件 1-4表示
  • <
  • 1
  • >
4件 1-4表示
  • < 前
  • 次 >